女子会での付き合いで借金したら・・・

Pocket

借金減額の相談女子会とは、読んで字のごとく女性同士の仲良し会のことです。旦那の悪口や美味しい食べ物などをおしゃべりしたり一緒に遊びに行くなど楽しい仲間の集まりです。

一方で仲間同士のトラブルもよく聞いたりします。女子会仲間の派閥やいじめがあり、「女子会カースト」なんて言葉も存在するようです。

中には、女子会に参加すために借金をして返済不能になってしまう場合も・・・。

こんなときの対処方法を考えてみましょう。

■返せないままどんどん膨らむ借金…どうしたらいいの?

女子会とのランチや子連れでのお出かけなど、誘われると安易には断りづらいし、思わず見栄をはってお金を費やしてしまい気がついたらカードの請求が高額になっていました。

今月の返済がきついからと消費者金融から借りて返していたら自転車操業の状態から抜け出せなくなりました。
と弁護士や司法書士に債務整理の相談にお越しになる方は、実際には大勢おられます。

ご主人や家族に無駄な使い方を責められるのが恐ろしくて簡単には相談出来ないでいるうちに借金が膨れ上がって、自分だけではにっちもさっちも行かなくなってしまったという方がたくさんいます。

弁護士を活用した債務整理のやり口としては、「任意整理」「民事再生」「自己破産」の3つが挙げられます。

「任意整理」と言っているのは、今分かっている 借金額を最大60回(債権者によって異なります)の分割で支払っていくものです。
借金減額しての返済が可能です

月々の返済額や今後の利息をカットできるメリットがあります。ただ、前提条件として、最大の分割回数場合でも月々に不可欠な返済額を準備できることが大事な条件となります。

「民事再生」は、「任意整理」では解決できない状況で、大方、負債額を圧縮した上で、それを36回の分割で返済するものです。この方法の一番大きなメリットは住宅ローンを払い込んでいる最中でも、住宅を手放すことなく、債務整理を行えるところです。

しかしながら、住宅ローンを返済ながら、その他の借金も返済できるだけの資力がないと認められない方法でもあります。

「自己破産」は、だれでも聞いたことがあると思われますが、「任意整理」「民事再生」では債務整理できない場合で、借金を全て一掃するものです(“免責”と称します)。おおよそ20万円を越す資産を現金化して、債権者に配当されることになります。

どの手続があなたにとって最も適したものなのかは、直接事情を拝聴してみないとわかりませんので、返済に苦慮されているなら、とにかく専門家に相談されるのが良いのではないかと思います。