警察に相談したら・・

Pocket

一般的に、身体的、精神的に驚異を覚えれば警察医助けを求めるのは自然なことです。
通常では、警察お世話になることは、ほとんど無いといってもよいでしょう。

そかし、万が一にも犯罪などの被害に被った場合には警察に行き、相談するのは常識です。

ただし、警察にも原則があります。
それは、民事で犯罪の被害を被り被害届を出したとしても、ほとんどのケースで警察は動いてくれません。

と、いうのも警察は「」民事不介入の原則を堅持していて「刑事事件」にならない限り出動することしません。

その原則により、法外な高金利による貸付や違法な取立てを行う「闇金業者」の被害を被ったとしても、大方は警察に相談しても対応してくれません。

一般の人が闇金被害の被害届を提出しても、受理されるだけで解決しないのが大方です。
それでも結果を出そうと思うのであれば、犯罪の証拠となる借用書、領収書や録音された闇金業者の脅し文句などが必要です。

ヤミ金業者も証拠が無ければ警察が介入しないことを知っていますので、脅しじみた取立てや態度でくることでしょう。

そのときはチャンスですので冷静に、毅然とした態度で対応を行うことです。
そして、できれば闇金業者とのやり取りを録音したり、借用書や領収書を請求して警察が介入できるように証拠を握っていることが大切です。

だた、このような危ない橋を渡らなくても専門家の助けを借りる方法が簡単で後腐れもなく解決します。
ヤミ金に特化した弁護士・司法書士は、すくな費用で利用することができますから、考えてみては如何でしょう。

過去、警察に相談したり被害届を出して相手にされなかった経験がある人は、こうした闇金対応を専門とした機関を利用するのも選択肢の1つです。

ヤミ金相談所